須賀川市街地のまちづくり活動情報の提供


by sukagawacci

土浦市 柏市 大田原市

須賀川まちづくり推進協議会並びに須賀川市中心市街地活性化協議会共催平成26年度視察研修は10月7,8日2日間実施されました。
本視察は、市を含む本市まちづくり関係者の研修を目的に毎年テーマを定めて実施しているもので、今回は①本市と同時に中活基本計画の国認定を受けた茨城県土浦市の中活事業②千葉県柏市で進められている先端的都市づくり「柏の葉スマートシティ」事業③栃木県大田原市中活事業及び昨年12月に供用開始された大田原市市民交流センター「toko-tokoおおたわら」、まちづくり会社㈱大田原まちづくりカンパニー運営状況及び大田原商工会議所中活事業等について説明を受け、質疑応答や意見交換を行ってきました。

研修会場「土浦商工会議所」
f0226571_10442018.jpg


土浦商工会議所中川喜久治会頭の歓迎挨拶
(郡山市に工場があった中川ヒューム管工業㈱社長で、3歳まで安積永盛にお住まい)
f0226571_10465514.jpg


須賀川商工会議所長谷部一雄会頭(両協議会の会長)挨拶
f0226571_10471689.jpg


土浦市の中核事業は、本市と同様に市役所移転(JR常磐線土浦駅前旧イトーヨーカ堂空きビルへの入居)と新市立図書館建設を含む文化施設整備のための再開発事業ですが、歩行者の少なさが際立つ本市中心市街地の状況と大きく異なる点は、市内に高校が8校あり(近郊にもう1校)、駅までのまちなかの通りに高校生の姿が目立って多かったことです。また特徴ある事業としては、霞ヶ浦を抱えるまちとして、水質浄化のシンボルとなるよう大噴水設置も計画されています。
国の施策の変更や表面的な理解に惑わされることなく、中心市街地活性化が目指す根源的な意義を互いに追い求めながら、認定同期生として今後も交流を続けていきたいと考えています。

「柏の葉スマートシティ」は、東京大学や千葉大学などの「学」、三井不動産等の三井グループや日立など大企業の「産」、千葉県や柏市、NPOなどの「公」が連携し、「この街の歩みは、世界の「未来像」につながっている」を掲げ、先端的な試みを実施しているエリアです。
つくばエキスプレス柏の葉駅(秋葉原駅まで30分)開業をにらんでプロジェクトが立ち上がり、ゴルフ場跡地を含む273万㎡を区画整理や再開発の手法で整備中です。
現在では、高層マンションが立ち並ぶほか、総合病院や大規模商業施設「ららぽーと」が2棟あるほか、シティホテル、企業や大学の研究室などが立地しています。
街全体の未来を、「環境共生都市」「新産業創造都市」「健康長寿都市」をテーマに最適解を求める取り組みです。
スマートグリッドによる街全体のエネルギー管理や非常時の備え、新産業創造支援のための仕組みやラボ、健康増進のためのすこかステーションなど、あらゆる面での産学公の連携がなされています。
地域の実情に合った研修も大事ですが、まちづくりや市民に対し責任ある人たちが目線をあげて未来をイメージすることもとても大切なことだと思い、研修を企画しました。

「ららぽーと柏の葉」北館(健やかステーションや新産業ラボも入居)
f0226571_11255666.jpg


案内サイン
f0226571_11281942.jpg


画面中央、歩道に見える部分の半分は柏市の市道で、清掃や樹木などの管理は柏市が行っています。
f0226571_1129551.jpg


スマートセンターでの全体説明
f0226571_11593359.jpg


「アーバンデザインセンター(UDCK)」が主催するゲートスクエアツアーに参加して説明を受けましたが、施設内部は撮影が禁止されているため、スマートセンター会議室しかご紹介できないのが残念です。

大田原市は、当市に先行して改正中活法上の中活事業を実施していて、その中核事業として昨年12月に市立図書館や子育て支援施設、公民館機能などの行政機能が入居した市民交流センター「toko-tokoおおたわら」が供用開始となり、今年6月時点の行政施設利用者が30万人を超す盛況を見せています。この建物には1階にまちづくり会社直営の食品スーパーやテナントブースがあるほか、5階が分譲マンションとなっていて、隣接した場所にあった市有地に建てた200台収容の立体駐車場があります。
大田原商工会議所仮庁舎での研修における説明によると、㈱大田原まちづくりカンパニーの財務状況の見通しや「toko-toko大田原」利用客の商店街への回遊、駐車場の台数不足など、今後解決すべき課題があるそうです。

大田原商工会議所での研修
f0226571_1150416.jpg


熱心な議論が続き、すっかりあたりが暗くなりました
f0226571_11514161.jpg


「toko-toko」の図書館部分
f0226571_11523338.jpg


雑誌も豊富
f0226571_120188.jpg

f0226571_124672.jpg


児童用図書スペース
f0226571_1153122.jpg

f0226571_11533041.jpg


子ども未来館のサイン
f0226571_1212377.jpg

遊具スペース
f0226571_11541115.jpg


民間であればお客様、行政であれば利用する市民の立場に立ち、需要や動向の変化の先読みや将来予測を適確に行い、プロジェクトを実行する際には必要条件ではなく十分条件を念頭に、理想に少しでも近づけるための高度な判断と努力が求められていると考えます。
[PR]
by sukagawacci | 2014-10-16 11:48 | まちづくり