須賀川市街地のまちづくり活動情報の提供


by sukagawacci

<   2013年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

先週の土曜日(7/27)は、「元気だ!すかがわあきんど祭り」(主催:実行委員会 事務局:須賀川商工会議所)の開催日でした。
毎年7月と12月の開催日には、お客様サービスの一環としてお買い上げ金額に応じてシールを贈呈している「あきんどカード」(希望店のみの取り扱い、チラシに記載)の満点カード(お店に提出)による抽選会を行っています。
特賞の北海道ペア旅行券(2泊3日宿泊費込)1組のほか、参加店で利用できる商品券が1等1万円から5等1,000円まで当たり、当選者には提出先のお店が連絡しお店で賞品を受け取ることができます。
今回は6,000枚を超す応募があり、お客様にも浸透しつつあるようです。
この日は、けんしん須賀川支店さん(宮先町)でも大テント市が行われ多くのお客様が来場していたこともあり、久しぶりにまちなかに賑わいが戻った感がありました。


抽選会(中町「まちなかプラザ」)
f0226571_15593152.jpg


焼きそばとかき氷の無料サービス
f0226571_1543506.jpg

f0226571_15425466.jpg


焼き方は汗だくで
f0226571_15443174.jpg


健康チェックはいつも人気(南東北春日リハビリテーション病院さん)
f0226571_15574353.jpg


特賞の抽選者は古寺純実行委員長
f0226571_15595013.jpg


ちなみに特賞の当選者は、諏訪町恵び寿屋さんのお客様でした。
[PR]
by sukagawacci | 2013-07-29 16:23 | まちづくり

上古町

また、視察の話です。

昨年、新潟県長岡市と新潟市を訪れました。
目的は、須賀川市が現在進めている市庁舎整備の参考事例として、市庁舎と文化施設が融合し全国的に注目を集めている「アオーレ長岡」を視察研修することが一つ。(ちなみに、須賀川市議会でもこれ以前に視察しています)

アオーレ長岡「ナカドマ」(左側が行政棟、右側1階がガラス張りの議場)
(長岡市担当者の話では、驚いたことに先進事例として「まちなかプラザ」を視察に来たそうです)
f0226571_16105782.jpg


ナカドマ奥にあるアリーナ(バスケットボールコート3面がとれ、最大4,200人が収容できる)
f0226571_16113621.jpg


市民協働センター(市運営)
f0226571_1612994.jpg


もう一つは、県庁所在地である新潟市のしかも中心部にあるにもかかわらず、以前の賑わいが嘘のように静かになってしまった「上古町商店街」の再生の取り組みについて勉強することでした。
白山神社という大きな神社の門前町として栄えていたと聞きますが、時代の大きな変化で人通りが減っていまいました。
そこに、地元新潟大学の卒業生である若者(迫一成さん)が中心となってセレクトショップ的なお店を出しました。
そこを拠点に、自分たちで企画したイベントや地元商店の商品デザインを手がけ、古くなった商店街アーケードにデザインを施したりちょっとした仕掛けをしたり、情報発信を担当したりしているうちに、いつも間にか感性の高いお店がぽつぽつ出店するようになり、商店街に足を向ける若者たちの姿が増えました。

上古町
f0226571_13282685.jpg


記念写真をとる人が多かった(現在はありません)
f0226571_13284856.jpg


迫さんのお店
hickory03traveles
f0226571_132968.jpg
f0226571_13292274.jpg


糀ドリンクのお店(東京にも出店しています)
f0226571_13294297.jpg


今年上古町にプライベートで行ってきました。(視察地には、いつも前後に複数回プライベートで行くようにしています)
その時は5月の連休中で、若い世代の子供連れの家族が多く見受けられましたが、ただ通り全体としては人通りが多いとは言えませんでした。
ご存知のように、少数の魅力ある個店だけでは街全体にお客が溢れることはありません。
公共施設だけでも駄目です。

では活気あふれる街とは、どのような街なんでしょうか?
平日の昼間に賑わうまちですか?それとも夜?休日?観光地?ビジネス街?
銀座?横浜?

そもそも中心市街地活性化、特に地方都市の中心市街地活性化とは、一体何を目的にしているのだと思いますか?
まちの数だけ、人の数だけそれぞれの答えがあるかと思いますし、まったく関心も必要性も感じないという方も多いと思います。
ただ、皆さんにぜひ意識していていただきたいのは、現在は過去の結果であり、未来は現在の結果であるということです。
現状への無関心は、未来に対する責任の放棄だと思います。

全国の事例の中には、多額の公的資金を投入して一時的な注目や称賛を浴びる事例は数多く見受けられますし、その評価を維持するために継続的に資金を投入しなけらばならなくなり行政の負担になっている事例もたくさんあります。
どの時点を以て評価を下すのか、非常に難しい問題です。(特に行政の担当者は短期的な成果を求められがちでかわいそうな部分もあります)

そこでこう考えます。
行政、民間事業者、市民それぞれが責任を自覚し、自分の果たすべき役割をそれぞれがプロフェッショナルの矜持を持って果たすこと(あたりまえのことですが)、協働という名の連帯責任を隠れ蓑にした責任回避に逃げないことだと。
市民生活の維持向上への責任に関する部分は、一義的には行政の分野であると考えても大きく外れてはいないでしょう。
民間事業者の責任は、努力して働いて、雇用を確保し、納税し、地域で一定の役割を果たすことで国や地域に還元することにあるかもしれません。
市民の責任は、市民のプロとして地域に関心を持ち地域の未来を見据えた民意の主体として行動することかも知れません。
これらのことの達成度が高まり節度ある均衡を保つことができれば、あいまいな言い方ですが豊かな地域と呼べるのかも知れません。

国の限られた予算の取り合いに終わらない、きちんと先を見据え地に足をつけた須賀川の計画でありますように議論をつくしたいと思います。
[PR]
by sukagawacci | 2013-07-26 14:23 | まちづくり

武蔵野プレイス

東日本大震災から約半年が経過した頃、須賀川商工会議所須賀川新生プランワーキング委員会が東京都武蔵野市のJR武蔵境駅前にある複合施設「武蔵野プレイス」を視察しました。
この施設は、図書館、生涯学習機能を合わせもち、幼児児童から年配者まで幅広く利用されています。
建物の外観や内部は、繭(コクーン)のイメージで統一されています。
1階には館内収蔵の雑誌などを閲覧しながら利用できるカフェが、地階には収録ができる音楽スタジオが3つ、壁一面ガラス張りのパフォーマンス練習室などがあり、中高生大学生で予約がいっぱいです。

(仮称)須賀川市市民交流センターが、個人の才能を伸ばし趣味や生活を存分に楽しめる要素をふんだんにもった施設になれば、新たな須賀川の未来をますます豊かなものにしてくれると思います。

f0226571_14515067.jpg
f0226571_14521449.jpg
f0226571_14523331.jpg
f0226571_14524516.jpg
f0226571_14532764.jpg

[PR]
by sukagawacci | 2013-07-24 14:58 | まちづくり
 須賀川まちづくり推進協議会では、まちづくりに関わる構成メンバーを対象に他の事例視察研修を実施しています。
 旧聞になりますが、平成22年に研修した山形県金山町について簡単にご紹介します。

 金山町は新庄市の北に位置し、特産の金山杉を産する山々に囲まれた静かな町です。
 長年にわたり、官民一体で景観整備や金山杉を用いた住宅整備に取り組み、平成22年度都市景観大賞「美しいまちなみ大賞」を受賞しました。
 昭和30年代の岸英一町長が就任直後にヨーロッパを視察した際、美しい街並みや自然に感銘を受けたことをきっかけに「100年の景」を以って美しいまちづくりの取り組みを開始し、その精神は代々の町政に必ず受け継がれています。
f0226571_957564.jpg

 現在も古き良きものを大切な資源として活用、地元産食材を提供する滞在型施設の整備による観光産業の育成や定住化促進を図っています。
 実際に金山町出身の若い世代が町内に金山住宅を建てることが増え、町外からの移住者も増加しています。
f0226571_924761.jpg

f0226571_9555793.jpg


 お店も信用金庫支店も金山住宅式です。(商工会も)
 金山住宅を普及することで、地場工務店の技術継承や存続ひいては雇用の確保、金山杉の需要も維持されるという、地元経済にとっても大変有意義な施策です。

f0226571_958516.jpg

f0226571_9263172.jpg

f0226571_933679.jpg

f0226571_9333632.jpg

f0226571_9341289.jpg


 山に接しきれいな水に恵まれた風景は、当市西部の旧長沼町町内のイメージと大きく重なります。
f0226571_9374515.jpg


 金山町の「100年の景」(まちなみづくり100年運動)のまちづくり理念は、長沼地区の復興を考えるうえで深く重い示唆を与えているように感じます。
[PR]
by sukagawacci | 2013-07-23 09:59 | まちづくり
中心市街地の多くの店舗は、東日本大震災で大きな被害を受けました。
そうしたお店の一つ、エステ、コスメ、小物品販売の油屋さん(本町結の辻隣)が仮店舗での営業を終了し、地元本町に戻りこのほど再オープンしました。
今年から工事が始まる「須賀川並木町線街路整備事業」に対応し、従来のお店の位置からセットバックしての新装開店です。
店内もおしゃれに生まれ変わり、今までご愛顧いただいたお客様はもちろん新しいお客様をお迎えするにふさわしいお店になっています。
個店個店の魅力あふれるお店づくりへの熱意が、中心市街地活性化にとってとても大切なことの一つです。

外観
f0226571_14294585.jpg

店内
f0226571_14304269.jpg

f0226571_14305934.jpg

[PR]
by sukagawacci | 2013-07-22 14:38 | まちづくり
今日、須賀川高校全校生による仮装行列の一行がまちなかを行進しました。
中町にある「まちなかプラザ」を会場にクラス毎のパフォーマンスを披露し、集まった観客を大いに楽しませました。
久々に若者たちでまちなかが賑わいました。

また、今日から須賀川市立博物館で「特撮ヒーロー飛翔展TSUBURAYA50AGE」がスタートしました。
ぜひご覧ください。


f0226571_1149344.jpg
f0226571_11491895.jpg
f0226571_11493717.jpg
f0226571_11495269.jpg
f0226571_11501274.jpg
f0226571_11513867.jpg
f0226571_11514923.jpg
f0226571_1152230.jpg

[PR]
by sukagawacci | 2013-07-19 11:53 | まちづくり
「M78星雲 光の国」との姉妹都市提携を記念して、7月19日から「特撮ヒーロー飛翔展TUBURAYA 50AGE」が須賀川市立博物館で開催されます。
スタートを直前に控え、博物館下の公園にウルトラマンノアの像が設置されました。
7月7日には、須賀川駅前ロータリーにウルトラマン誕生モニュメントも設置されています。
これから須賀川に続々とヒーローが集まります。


私も飛びたい
f0226571_15241164.jpg

夏空を背に
f0226571_15243119.jpg

飛翔展ポスター
f0226571_15252188.jpg

須賀川だけの勇姿
f0226571_15334979.jpg

光の国を臨む
f0226571_153418100.jpg

[PR]
by sukagawacci | 2013-07-16 15:36 | まちづくり
きうり天王祭宵祭りのまちなかで、プロミュージシャンの本格的な演奏やホテル自慢の料理を楽しむ「ライブ&ビア2013」が、7月14日開催されました。
ライブ開始前には天候も回復し、地元が誇る永遠のベンチャーズキッズ(団塊世代が中心)「BBS」の円熟したステージや郡山を中心に活躍するラテンミュージックの「Gipsy Nico」の大迫力のボーカル、トリを飾ったのは、アルトサックス界の大御所林栄一さんをはじめ、ギター津村和彦さん、ベース米木康志さん、ドラム本田珠也さんという日本ジャズ界のそうそうたるメンバーによるスーパーセッションによる2時間弱に及ぶ感動の演奏でした。
会場に訪れた聴衆は、この貴重な時間を心行くまで堪能している様子でした。

大人気BBS
f0226571_11561369.jpg

須高OB中心
f0226571_1156522.jpg

情熱のラテン
f0226571_11573237.jpg

迫力のボーカル
f0226571_1157462.jpg

イッツ、ジャズ
f0226571_11581051.jpg

林栄一(As)
f0226571_11583766.jpg

津村和彦(Gt)
f0226571_11585256.jpg

米木康志(Bs)
f0226571_11591831.jpg

本田珠也(Ds)
f0226571_11594728.jpg

[PR]
by sukagawacci | 2013-07-16 12:06 | まちづくり