須賀川市街地のまちづくり活動情報の提供


by sukagawacci

<   2013年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

去る11月23日(土)午前10時、市内中町の地域交流館ボタンで第6回まちに夢を飾ろう優秀作品表彰式が開催されました。
この事業は、須賀川市中心市街地を学区とする市立小学校3校の1年生から3年生までの児童を対象に、「まちで見つけた大好きなこと・もの・ひと」「楽しかったまちの思い出」「ぼくの夢、わたしの夢」をテーマに絵を募集し、審査会で選ばれた作品をまちなかに長期にわたり飾ることで、まちの未来そのものである子供たちの郷土愛や地域に対する関心の向上を図ることを目的に平成20年度から実施しています。
須賀川まちづくり推進協議会(会長長谷部一雄当所会頭)が主催しています。
前出の目的以外に、受賞した児童の笑顔や誇らしげな子どもさん達の姿を見守る父兄の方々の慈愛に満ちた顔をみることができることも、事業を実施している商工会議所や商店街の関係者の大きな喜びとなっています。
6回の開催で選ばれた29点の作品は、現在は地域交流館ボタンに掲示されていますが、将来はできれば(仮称)市民交流センターに掲示場所を移し、長く広く市民の方に愛される事業として継続していきたいと考えています。

事業を主管する須賀川まちづくり推進協議会中部地区プロジェクト委員会
前田正彰委員長の挨拶
f0226571_11221036.jpg


表彰を受けた児童それぞれに、自分の作品をアルミ板に加工した記念品を贈呈しました。
贈呈者は、須賀川まちづくり推進協議会副会長の渡辺達雄須賀川商工会議所副会頭
f0226571_11244135.jpg


表彰式には柳沼直三教育長、渡辺真二須1小校長、麻生能孝須2小校長、柏村孝志須3小校長のほか、審査委員を務めた方々にご参列いただきました。
f0226571_11281291.jpg


ご協力いただきました皆様に心から御礼申し上げます。
[PR]
by sukagawacci | 2013-11-25 11:48 | まちづくり
年末年始にかけて須賀川市中心市街地の夜を彩るイルミネーションの点灯式が、11月20日午後5時から中町「まちなかプラザ」で開催されました。
この事業は、須賀川商工会議所が事務局を務める須賀川まちづくり推進協議会や元気だ!すかがわあきんど祭り実行委員会の外、中央商店街振興組合、宮先町商店街振興組合、中央商店街震災復興グループが主催し、まちなかプラザを中心に松明通りの歩道や各商店にイルミネーションを施しています。
式では、須賀川まちづくり推進協議会会長の長谷部一雄須賀川商工会議所会頭、堀江祐介中央商店街震災復興グループ会長が挨拶し、橋本克也須賀川市長の祝辞のあと、市内高校3校の生徒さんも参加して点灯セレモニーが行われました。

長谷部会頭挨拶
f0226571_1085952.jpg


橋本市長挨拶
f0226571_109317.jpg


点灯式
f0226571_1095826.jpg


f0226571_10102232.jpg


f0226571_10322996.jpg


また、点灯を記念して須賀川桐陽高校、清陵情報高校、須賀川高校各合唱部の皆さんがそれぞれが選曲した曲を合唱し、式に花を添えていただきました。

合唱スタート
f0226571_10193157.jpg


須賀川桐陽高校の皆さん
f0226571_10141533.jpg


f0226571_1014355.jpg


清陵情報高校の皆さん
f0226571_10153693.jpg


f0226571_10155541.jpg


須賀川高校の皆さん
f0226571_10162468.jpg


f0226571_10183011.jpg


震災復興グループの方々には参加者に温かいトン汁を提供していただき、寒さを忘れさせていただきました。
(みんながはふはふしている写真は撮り損ねましたが、100食以上があっという間になくなりました)
f0226571_10315585.jpg


式の最後に3校生徒が1列に並んで大きな拍手を浴び、続いて古寺純元気だ!すかがわあきんど祭り実行委員長の挨拶で閉会となりました。
f0226571_1024541.jpg


イルミネーションは、来年2月2日(日)まで点灯する予定です。
[PR]
by sukagawacci | 2013-11-21 10:47 | まちづくり
本日今年5回目で最後となる「岩農フレッシュショップ須賀川まちなか店」が、中町にある「地域交流館ボタン」で開催されました。
自分達で生産した農産物や加工品を岩農生が自らまちなかで販売する事業ですが、須賀川商工会議所が会場の提供やマスコミへの取材依頼などをお手伝いしています。
今日は前4回に比べたくさんの野菜やパウンドケーキ、花などが出品され、来場されたお客様にはたくさんお買い求めいただきました。ありがとうございました。

当所では来年も開催する方向で学校側と協議を進めています。

会場の様子
f0226571_14183589.jpg


f0226571_14185498.jpg


f0226571_14191121.jpg


販売された品々
f0226571_14195228.jpg


f0226571_14201258.jpg


f0226571_14203010.jpg


f0226571_14204693.jpg


f0226571_1421325.jpg


f0226571_14212483.jpg


f0226571_1421474.jpg

[PR]
by sukagawacci | 2013-11-15 14:57 | まちづくり
須賀川の晩秋の風物詩「松明あかし」が行われた11月9日、恒例となった「おもてなし広場」がまちなかプラザで開催されました。
平成11年、移転により空地となっていた旧須賀川郵便局跡地で須賀川商工会議所が戦国鍋の名で観光客に温かいトン汁を提供したのが始まりで、現在は「松明あかしおもてなし広場」として、商工会議所や市観光協会、JAなどの各団体がトン汁やスープ、甘酒やつきたてのお餅などを無料で振る舞うなどした、松明点火までまちなかで過ごす拠点となっています。

午後1時から振る舞われた600食以上のトン汁も1時間でなくなり、あんこ餅配布には長い行列ができました。
当日は例年にない暖かさと無風に恵まれ、夜の松明あかし本番同様にお客様に大変好評を博した催しになりました。

f0226571_15483183.jpg


子武士、見参
f0226571_1552233.jpg


通りでは極真館の子供たちが、迫力ある演武を披露
f0226571_15535413.jpg

f0226571_15541030.jpg


当所のトン汁コーナー
f0226571_15372553.jpg


市職員有志で組織する松明炎の会の松明スープコーナー
f0226571_15384531.jpg


JAすかがわ岩瀬の餅つきは、橋本市長と橋本組合長が一臼ずつつきました。
f0226571_15404746.jpg

橋本市長は「ウルトラマン提携都市すかがわ」の前掛け(㈱平半染工で製作)をしめています。
産業会館内「須賀川物産店」他で販売しています。(1枚2,500円)

橋本組合長は、腰が入った素晴らしいつき方でした。さすがです。
f0226571_1541921.jpg


当市認定農業者会と静岡市認定農業者会は、温かな甘酒を提供です
f0226571_15472160.jpg


飲食提供以外に、JA、須賀川市物産振興協会の特産品販売も好評でした。
f0226571_1551226.jpg


会場の奥では小松明製作の実技指導が行われ、ここで製作された150個の小松明が五老山上にのぼりました。
f0226571_15575713.jpg



来年の今頃は、まちなかプラザは取り壊されている予定です。
市民交流センターができるまでどうするか、悩みます。
[PR]
by sukagawacci | 2013-11-11 18:25 | まちづくり