須賀川市街地のまちづくり活動情報の提供


by sukagawacci

<   2014年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

下の川散歩

グランシア須賀川さん前から琵琶池まで、下の川(須賀川)沿いの道を歩きました。
事業検討のためのロケハンです。

グランシアさん前
f0226571_975540.jpg

新池方向に曲がらず、まっすぐ行きます。
f0226571_9203487.jpg

f0226571_98193.jpg

以前はこの道沿いを鴨の親子連れ(しかも大勢)が闊歩していたのですが、今年はまだ姿が見えません。
f0226571_983755.jpg

石の崖の北側に庵があります。
f0226571_985793.jpg

愛宕山階段前のイチョウも葉を落とし始めています。ちなみに銀杏が落ちていないので雄株でしょう。
f0226571_992487.jpg

愛宕山の階段です。ちょっと前まではこの上の茂みに雉がいました。
人が通りかかると急に飛び立ち、驚かせていました。
f0226571_911392.jpg

琵琶池の脇を通ると守谷舘からの道に出ます。
f0226571_9112514.jpg


ここに来るといつも思うことは、素晴らしい公園がとても身近にあることのありがたさです。
私も含めて人は非日常に価値を見出しがちですが、恵まれた日常も大変価値があることです。
翠ヶ丘公園のアスレチックゾーンに新たに大型遊具が設置され、お天気の日は多くの子供連れ家族でにぎわいます。そうした時は駐車場もいっぱいです。
朝から夕方にかけて散歩する人もたくさんいるので、もっと駐車場があれば近隣住民だけではなくさらに多くの人が利用しやすくなるのですが。

自由広場の仮設住宅の脇の公園にも、新しい遊具が設置されています。
f0226571_9114239.jpg


隣接する北町上北町には、公立岩瀬病院や市立第二小学校のほか幼稚園やこども園があり、また須賀川駅やイオンタウンまで徒歩10分程度ということで、この地区は空洞化が進む中心市街地には珍しく住民が増えつつある地区です。
これからの中心市街地は、幅広い世代が暮らしやすい、また市外の方にもさらに自信を持って紹介できるようなまちになっていくはずです。
[PR]
by sukagawacci | 2014-11-14 10:12 | まちづくり
須賀川まちづくり推進協議会(会長長谷部一雄当所会頭)が主催し今年で7回目の開催となった「まちに夢を飾ろう」の優秀作品表彰式が、11月9日午前10時から地域交流館ボタンで行われました。

事業を主管する中部地区プロジェクト整備推進委員会前田委員長の挨拶
f0226571_9101426.jpg


まちで体験した楽しいことや好きなことなどをテーマに、夏休み期間中の1年生から3年生までの児童から応募された多くの絵の中から選定した作品を中心市街地の路地空間に飾り、まちを訪れる人たちの目を楽しませ成長した子供たちの思い出となるようにと、平成20年度から始めた事業です。
ただし、東日本大震災により設置場所であった2つの土蔵が取り壊されたために、まちなかの空間に再び飾れる日が来るまで地域交流館ボタンに飾られています。

諏訪町地内に設置されていた平成21年度優秀作品
f0226571_94940100.jpg


ちょっぴり緊張気味で表彰を待つ児童たち
f0226571_925766.jpg

児童には、掲額されたアルミ版と同じものが渡辺達雄当所副会頭から記念品として贈呈されました。
f0226571_925436.jpg



表彰を受けた後、柳沼直三須賀川市教育長はじめ安藤和哉市建設部長、野村重忠須商連副会長、渡辺真二須1小校長先生、麻生能孝須2小校長先生、柏村孝志須3小校長先生などのご来賓や主催者と一緒に記念撮影をしました。
f0226571_9233621.jpg

受賞者は、向かって左から
内藤亜綺良くん、角谷花音さん、阿部礼智くん、舞木瀬愛さん、須田菜月さん、鈴木眞瑚さん
f0226571_9435173.jpg


最後に野村須商連副会長の祝福の言葉で閉会しました。
f0226571_933049.jpg


歴代の受賞作品は現在「地域交流館ボタン」に飾られていますので、まちなかにお立ち寄りの際はご覧いただきたいと思います。

また、昨年までまちなかプラザに飾っていた「年末年始まちなかイルミネーション」は、今年は地域交流館ボタン前面に飾ります。
点灯時間は午後5時から午後11時まで、期間は11月27日から来年2月1日までを予定しています。

昨年のまちなかイルミネーション
f0226571_9445611.jpg


商店街や各商店も同じ期間に点灯しますので、まちなかに足を運んでみてはいかがでしょうか。
[PR]
by sukagawacci | 2014-11-10 09:37 | まちづくり
11月8日土曜日に行われた「松明あかし」は、好天に恵まれ例年以上に人出となりました。
見学に訪れた方たちが松明点火までの時間をまちなかで過ごしていただくための休み処として設置している「松明あかしおもてなし広場」(15回目)も多くの人で賑わっていました。
f0226571_8376100.jpg

会場を昨年までの「まちなかプラザ」から須賀川信用金庫本店に移しての開催でしたが、当所のトン汁サービスコーナー(800食以上になりました)や市職員有志でつくる松明スープコーナー、JAや認定農業者会、須賀川物産振興協会のテントが立ち並び、観光協会の小松明製作コーナーでは子供から年配の方々が係員の指導で五老山に持参する小松明の製作に懸命に取り組んでいました。
f0226571_839398.jpg

f0226571_839146.jpg

ご当地キャラクター「ボータン」も来場
f0226571_8403622.jpg


今年は開催日までの天気がよかったせいか大松明の燃え方が早かったような気がしますが、当所会館から見学された招待客の方達はとても感動された様子でした。

松明あかし、牡丹焚火の二つの火を送ると、須賀川の秋が終わります。
[PR]
by sukagawacci | 2014-11-10 08:48 | まちづくり

松明あかし前日

須賀川の晩秋の夜空を炎で焦がす「松明あかし」は、明日11月8日に開催されます。
当日は30数本の大松明が立ち並ぶ五老山上にはすでに20本近くの松明が設置され準備が整いつつありますが、まちなかでも多くの観光客をお迎えするためのボランティア活動が様々な団体により行われています。
f0226571_8502027.jpg

f0226571_8504528.jpg

f0226571_851530.jpg


今日は「須賀川市中央商店街震災復興グループ」の約50名が早朝から一斉清掃活動を行いました。
復興支援をしていただいた方々に対する感謝とおもてなしの心です。
f0226571_8594595.jpg
f0226571_8595872.jpg
f0226571_901316.jpg


またグループの清掃活動とは別に、東邦銀行須賀川支店の皆さんが御神火隊の出発地である「二階堂神社」の清掃をしていました。
f0226571_903693.jpg


二階堂神社は予定した額の再建寄付金が集まり工事を待つばかりになっていますが、残念ながら今年は間に合いませんでした。
来年は再建なったこの地で御神火が灯ります。
f0226571_9482094.jpg

神社裏(震災で釜がこちら側に崩れ落ちました)
f0226571_9483685.jpg


中心市街地にある金融機関の皆さんには、普段から毎日各店周辺を広く清掃していただいています。
地域住民の一員として頭の下がる思いでおります。心から感謝しています。

ユアテック須賀川営業所の皆さんも、毎年この時期に松明通りの街路灯の清掃を行っています。

まちでイベントが開催される時期は、たくさんの善意に支えられまちが守られていることを実感する時でもあります。
[PR]
by sukagawacci | 2014-11-07 09:57 | まちづくり