須賀川市街地のまちづくり活動情報の提供


by sukagawacci

夏でなければわからない

夏にしなければならない作業に、桜の枯れ枝の確認があります。
須賀川まちづくり推進協議会(会長:長谷部一雄須賀川商工会頭 事務局当所)では、平成22年度から下の川の桜の保全を目的に桜の整形剪定や施肥などを実施していますが、葉が落ちた時期の作業なので枯れ枝か生きた枝かの判断が難しいのです。

冬に行う剪定作業
f0226571_15192886.jpg


「枯れ木も山の賑わい」とはいいながらも、樹下の安全確保や保全のための枯れ枝除去は必要ですので、先日確認作業を行いました。

f0226571_1510166.jpg

f0226571_15102380.jpg

f0226571_15104054.jpg


元気に葉が生い茂ったこの時期に枯れ枝に目印をし、今冬に処置をする予定です。

須賀川を見守り続ける後期高齢の桜たちが、できるだけ長く花を咲かせてくれることを願いつつ、事業を行っています。
[PR]
by sukagawacci | 2014-07-09 15:22 | まちづくり